ニュース

February 13, 2024

XRPの重大な抵抗力とリトレースメントの可能性: 投資家にとっての懸念

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

XRPは臨界抵抗値に達しました。このトークンは一時的に強気の勢いを見せ、投資家やトレーダーの注目を集めました。しかし、最近の価格動向は 26 日間 EMA からのリトレースメントを示しており、このレベルは通常、堅調な強気市場における資産にとって強い抵抗線ではありません。

XRPの重大な抵抗力とリトレースメントの可能性: 投資家にとっての懸念

26日間EMAの重要性

短期的な市場センチメントのバロメーターとして機能する26日間EMAは、XRP価格の障害となることが証明されています。このラインを上抜けられなかったことは、資産の当面の上昇軌道が弱くなったことを示しています。堅実な上昇傾向にある資産の場合、26 EMA を超えることは比較的簡単です。したがって、XRPがそれを行うことができないと、短期的な見通しに問題が生じる可能性があります。

急速なリトレースメントの懸念

XRPが26日間EMAで拒否され続ける場合、急速なリトレースメントの可能性が最大の懸念事項になります。このような拒否に伴う価格下落は大幅な価格上昇の下落を引き起こす可能性があり、これはXRPにとって望ましくないシナリオです。投資家の信頼を裏付け、上昇傾向が続く可能性を示すためには、最近の上昇を維持する必要があるため、今は資産にとって重要な時期です。

サポートレベルとレジスタンスレベル

具体的なサポートとレジスタンスのレベルに関して、XRPは0.38ドル付近に明確なローカルサポートを示しており、このレベルは歴史的に価格変動の下限と上限の両方として機能してきました。このサポートレベルは非常に重要で、これを下回ると弱気なセンチメントが強まり、より低いサポートゾーンに向けてさらなる下落につながる可能性があるためです。

反対に、局所的な抵抗レベルは現在約0.56ドルで、現在の困難を引き起こしている26日間EMAと一致しています。この抵抗線を決定的に突破できれば、弱気説は無効となり、XRPが回復軌道に戻る可能性があり、過去の価格ピークや心理的閾値によって形成されたより高いレベルの抵抗線を試す扉が開かれる可能性がある。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース