ニュース

October 31, 2023

FTXとアラメダ・リサーチ、負債の解決とデジタル資産の清算のために2,720万ドルの資産を譲渡

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

導入

Lookonchainの最近のデータによると、FTXとAlameda Researchは10月31日時点で2,720万ドル相当の資産を譲渡した。これにはRNDR(1,793万ドル)、SOL(470万ドル)、ETH(200万ドル)、MKR(118万ドル)、REN( 112万ドル)、GRT(27万ドル)。

FTXとアラメダ・リサーチ、負債の解決とデジタル資産の清算のために2,720万ドルの資産を譲渡

重要な異動

FTXとアラメダ・リサーチはこれまでに1億600万ドル以上の暗号資産を譲渡した。 Spot On Chainの報告によると、これらの移転にもかかわらず、彼らは依然としてEVM資産を7億3,600万ドル保有している。

取引詳細

10月25日から、FTXとアラメダは複数のアドレスを含む一連の取引を行った。資金はBinanceやCoinbaseなどの集中型取引所に送金されました。それ以来、移籍は続いている。

以前の転送

今月初め、FTXとアラメダはウィンターミュート経由でCOMP(101万ドル)とRNDR(204万ドル)をバイナンスに移管した。また、UNI、DYDY、SUSHI、LDO などの資産 650 万ドルを取引所に送る前に中間アドレスに移動しました。

賠償金と借金

FTXとアラメダによる最近の仮想通貨ファンドの再編は、債権者との未払い債務を解決するために特定のデジタル資産を清算する意向を示している。アラメダはこれまでFTXの顧客資産をローン返済に使用しており、2022年11月時点で100億ドルの負債を抱えていた。

結論

FTXとアラメダ・リサーチは総額2,720万ドルという多額の資産移転を行った。これらの移転は、債務を解決しデジタル資産を清算する戦略の一環です。両社は譲渡にもかかわらず、引き続き相当量のEVM資産を保有している。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース