ニュース

November 2, 2023

米国連銀のピボットが仮想通貨市場を後押しする中、ビットコインの強気相場は続く

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

導入

BitMEXの共同創設者であるアーサー・ヘイズ氏はここ数カ月間、ビットコインに対して強気の姿勢を示しており、ビットコイン価格が2万5000ドル以下で取引されていた際に押し目買いをするよう仮想通貨コミュニティに推奨していた。ビットコインは今年75%上昇し、米国連銀のピボットは半減期前の大規模な上昇を裏付け、仮想通貨コミュニティがこれまで見た中で最も壊滅的な弱気市場の後に仮想通貨市場が待ち構えていた。

米国連銀のピボットが仮想通貨市場を後押しする中、ビットコインの強気相場は続く

米国連邦準備制度のピボット

米連邦準備制度理事会の方針転換の可能性に応えて、BitMEXの共同創設者アーサー・ヘイズ氏は11月2日のX投稿で「金融資産を注入する時期が来たと思う。BTC、LFGは君に任せる」と述べた。米国連銀は水曜のFOMC会合で金利を5.25%から5.50%に据え置いた。FRBのジェローム・パウエル議長は「減速することで、我々がどれだけのことをする必要があるか、より良く理解できるようになったと思う」と語った。しかし、12月利上げの可能性は依然として残っているが、インフレのあらゆる指標はFRBの目標である2%を上回っており、FRBがインフレを測るのに推奨する指標である年間コアPCEは3.7%まで低下している。アーサー・ヘイズ氏は、ビットコインや財務省短期証券の他の仮想通貨に焦点を当てる時期が来たと示唆している「FRBが2カ月連続で停止しているため、他の中央銀行は紙幣を印刷するためのカバーを持っている。FRBのハト派的なアプローチの中で、中国、ヨーロッパ、日本からの大規模な刺激策を期待している」 。

ビットコインとその他の暗号通貨のラリー

10月の好調な勢いに加え、BTC価格は35,919ドルの年初来高値を記録した。トレーダーによる利益確定により、ビットコインは現在35,193ドルで取引されている。一方、SOL価格は24時間で13%急騰し、ETH、XRP、ADA、DOGEなどの他のトップ仮想通貨も強気の勢いを増している。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース