ニュース

February 12, 2024

機関投資家が仮想通貨市場に11億ドルの流入を促進

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

CoinSharesのデータによると、暗号通貨エコシステムには機関投資家からの多額の資金が流入している。 CoinSharesはその週報で、仮想通貨市場への全体的な流入額が11億ドルに達し、年初から現在までの流入額が27億ドルになったことを明らかにした。

機関投資家が仮想通貨市場に11億ドルの流入を促進

仮想通貨市場での印象的なパフォーマンス

先週は資本流入が急増し、今年の仮想通貨市場にとって最も野心的な週の一つとなった。その結果、仮想通貨企業の運用資産(AUM)は590億ドルに達し、2022年初頭以来の最高額となった。

スポットビットコインETFが流入をリード

記録された流入額の大部分はスポットビットコインETF商品からのもので、総額は11億ドルに達した。特に、ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iBIT)には6億9,360万ドルの流入があり、フィデリティ・インベストメントのFBTCには5億2,260万ドルが流入した。

Grayscale Investment の GBTC 記録流出

しかし、グレイスケール・インベストメントのGBTCは過去1週間で4億1,480万ドルの流出を経験し、流入の一部を相殺した。一方、Ark 21Shares商品は2,350万ドルの急騰を見せ、10億ドルのAUMクラブに参加する3番目のファンドとなった。

アルトコインも流入に貢献

ビットコインが主な焦点でしたが、他のトップアルトコインも機関投資家を魅了しました。イーサリアム(ETH)は総額1,650万ドルを受け取り、カルダノ(ADA)はなんとか610万ドルの流入を確保した。ただし、ソラナ (SOL)、XRP、トロン (TRX) などのアルトコインの寄与度は大幅に低くなりました。

ビットコインの明るい日々

最近の市場のボラティリティにもかかわらず、ビットコイン価格は 50,000 ドルの水準に近づいています。機関投資家による蓄積の傾向が続いているため、トップの仮想通貨の将来には楽観的な見方が広がっています。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース