ニュース

November 8, 2023

信頼できる交換手段としてのステーブルコインの課題

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

国際決済銀行(BIS)のエコノミストらによると、ステーブルコインは信頼できる交換手段という本来の目的を果たしていないという。ステーブルコインが取引を促進する効果を発揮するには、一日を通して安定した価値を維持する必要があります。しかし、BISの研究者らは、多くのステーブルコインがそうすることができていないことを発見した。

信頼できる交換手段としてのステーブルコインの課題

ステーブルコインは、法定通貨や商品などの準備資産に固定されることで、安定した価値を持つように設計されたデジタル通貨です。ステーブルコインの背後にある考え方は、ビットコインのような従来の暗号通貨によく伴うボラティリティを最小限に抑えながら、高速かつ低コストのトランザクションなどの暗号通貨の利点を提供することです。

しかし、BISの研究者らは、ステーブルコインは期待を裏切っていると主張している。彼らは、多くのステーブルコインが価値の大幅な変動を経験し、交換媒体として信頼できないことを発見しました。このボラティリティは、基礎となる準備資産の透明性の欠如、規制上の不確実性、市場操作など、さまざまな要因に起因する可能性があります。

ステーブルコインが一日中安定した価値を維持できないことは、交換手段としての有用性を損ないます。ステーブルコインの価値が短期間に大きく変動する可能性がある場合、ユーザーが日常の取引でステーブルコインに依存することが困難になります。これにより、経済全体におけるステーブルコインの採用と受け入れが制限されます。

結論として、BIS 研究者は、ステーブルコインが本来の目的を達成する上での欠点を強調しました。ステーブルコインは高速かつ低コストの取引の可能性を提供しますが、安定した価値を維持できないため、交換手段としての有効性が損なわれます。これらの問題に対処するには、ステーブルコインの安定性と信頼性を確保するためのさらなる研究と規制措置が必要です。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース