ニュース

February 12, 2024

仮想通貨コミュニティがXRPの将来、ビットコインの強気の見通し、そして柴犬の潜在的な成長について議論

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

XRPコミュニティがトークンの将来について議論

週末にかけて、XRPコミュニティはXRPトークンの将来について熱心な議論を交わしました。この議論は、リップル関連のトークンを「詐欺」と呼び、「死んだ」と主張したニック「クリプト・クルセイダー」(@NCashOfficial)の投稿によって引き起こされた。ニック氏は、リップルの成功にもかかわらず、そのパフォーマンスが低いためにトークン支持者の間で恐怖、不確実性、疑念(FUD)が高まっていることを強調しました。同氏はまた、バイナンスやコインベースなどの主要取引所に悪影響を与えると一部で考えられていたFTX暴落の影響についても言及した。しかし、市場は2023年1月に反発し、疑念を抱いていた人々が間違っていたことが証明された。 XRPファンに対するニックのメッセージは明確でした。特にボラティリティが高く弱気なセンチメントの時期には、XRPは気の弱い人が保有すべきではありません。この投稿はXRP愛好家から大きな注目を集め、楽観的なものから長期的な投資戦略やリップル開発の価値を強調するものまでさまざまな反応があった。

仮想通貨コミュニティがXRPの将来、ビットコインの強気の見通し、そして柴犬の潜在的な成長について議論

サムソン・モウ氏のビットコインに対する強気の見方

Jan3 CEO のサムソン・モウ氏は最近、ビットコインに対する強気の見方を共有しました。同氏は投稿の中で、4月中旬に予想されるビットコインの半減期に伴う供給ショックは需要ショックを決して満たすことはないと述べた。モウ氏はビットコインの最近の価格上昇を強調し、3万ドルへの下落を予想していた人々が沈黙したと指摘した。現時点で、ビットコインは48,904ドルで取引されており、過去1週間で14.15%上昇しました。

柴犬、SHIB耐性1.3兆突破に近づく

週末のもう 1 つの重要な進展は、柴犬による 1 兆 3,000 億の SHIB 耐性を突破する可能性があることです。このマイルストーンは、仮想通貨の前向きな傾向を示しており、その価値が上昇する可能性があることを示唆しています。

これら 3 つのニュース記事は仮想通貨コミュニティの注目を集め、業界内で進行中の議論と発展を浮き彫りにしています。 XRPの将来であれ、ビットコインに対する強気の感情であれ、あるいは柴犬の潜在的な成長であれ、仮想通貨市場は進化を続けており、投資家や愛好家にとっても同様にチャンスを提供しています。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース