ニュース

November 15, 2023

レイヤー 2 ブロックチェーンの台頭: 速度、拡張性、コンプライアンスの強化

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

導入

ここ数週間、イーサリアムネットワーク上で高速かつ効率的なトランザクションを促進することを目的とした新しい「レイヤー2」ブロックチェーンの開発が急増しています。この記事では、この分野における注目すべき発表のいくつかについて説明します。

レイヤー 2 ブロックチェーンの台頭: 速度、拡張性、コンプライアンスの強化

OKX のレイヤー 2 構築計画

重要な発表の 1 つは暗号通貨取引所 OKX からであり、Polygon のテクノロジーを使用してレイヤー 2 ソリューションを構築する計画を明らかにしました。この動きは、レイヤー 2 ソリューションへの関心の高まりと、トランザクションの速度と拡張性を向上させる可能性を浮き彫りにしています。

Kintoのコンプライアンス重視のレイヤー2ネットワーク

もう 1 つの注目すべき発展は、マネーロンダリング防止法の遵守を優先するレイヤー 2 ネットワークである Kinto の登場です。 Kinto は今年 500 万ドルの資金を確保しており、目標を達成するために Optimism の OP Stack を活用しています。これは、レイヤー 2 スペースにおける法規制遵守の重要性を示しています。

レッドストーン: 代替データ可用性チェーン

Lattice チームは、Optimism の OP Stack 上に構築された「代替データ可用性」チェーンである Redstone を導入しました。この革新的なソリューションは、レイヤー 2 ネットワークにおけるデータ可用性の課題に対処することを目的としています。

複数のレイヤー 2 ソリューションの必要性

これらのレイヤー 2 ネットワークの採用には懸念がありますが、開発者らは、さらに多くのソリューションの需要がまだあると主張しています。 Optimism Foundation の新たに最高成長責任者に任命された Ryan Wyatt 氏は、エコシステムの増大するニーズを満たすには複数のレイヤー 2 チェーンの必要性を強調しました。

Cardano のレイヤー 2 への関心

Cardano の創設者 Charles Hoskinson もレイヤー 2 テクノロジーに関心を示しました。同氏はツイートの中で、KrakenとPolygon、Matter Labs、Nil Foundationとの議論に言及し、レイヤー2プロバイダーとの提携を模索する意欲を示した。これは、さまざまなブロックチェーン プラットフォームにわたってレイヤー 2 ソリューションの認識が高まっていることを示しています。

結論

レイヤー 2 ブロックチェーンの普及は、ブロックチェーン業界の成長傾向を示しています。これらのソリューションは、トランザクション速度、拡張性、および法規制への準拠を強化する可能性をもたらします。レイヤ 2 ソリューションの需要が高まり続けるにつれ、単一のメインネットでは不十分であることは明らかです。業界は、開発者とユーザーの進化するニーズに同様に応えるために、多様なレイヤー 2 ネットワークを必要としています。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース