ニュース

October 31, 2023

リップルCEO、前SEC委員長の規制姿勢を批判

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

リップルの最高経営責任者(CEO)ブラッド・ガーリングハウス氏は、同社の企業規制姿勢に関する元SEC委員長のジェイ・クレイトン氏のコメントを強く批判した。 SECは2023年第1四半期から仮想通貨取引所や企業に対して措置を講じていた。

リップルCEO、前SEC委員長の規制姿勢を批判

SEC訴訟に対するジェイ・クレイトンの見解

2023年6月のクレイトン氏の以前のコメントは、ガーリングハウスとリップルの創設者クリス・ラーセンに対する最近の訴訟を考慮して注目を集めた。幹部2人に対する告訴はSECによって取り下げられ、告訴はクレイトン氏のSEC委員長としての任期が2021年6月の任期満了日のかなり前の2023年12月に終了する直前に提起された。

2023年6月29日のCNBCとのインタビューでクレイトン氏は、SECは企業の主張に法的裏付けがある場合にのみ企業に対して訴訟を起こすべきだと述べた。同氏は、規制当局は司法の枠組みを通過すると確信できる事件のみを追求すべきだと強調した。

ブラッド・ガーリングハウスの返答

ガーリングハウス氏は、法廷で勝てる見込みのないクレイトン氏自身の訴訟提起の偽善性を指摘し、元SEC委員長のコメントを批判した。 2020年12月のXRP訴訟で、SECはガーリングハウス氏とラーセン氏が未登録のデジタル資産証券の募集を行い、13億ドル以上を調達したとして告発した。ガーリングハウス氏は、クレイトン氏がリップル氏、彼、ラーセン氏に対して訴訟を起こし、翌日にはSECを去ったことを強調した。

最近のガーリングハウス氏とラーセン氏に対する訴追の却下は、流通市場での小売購入者へのXRPの販売は投資契約を構成しないと述べたアナリサ・トーレス判事による2023年7月の判決に続くものである。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース