ニュース

October 31, 2023

ビットコインスポットETFが仮想通貨市場に及ぼす潜在的な影響

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

仮想通貨分析会社グラスノードの共同創設者らは、規制当局によるスポットベースのビットコイン上場投資信託(ETF)の承認が仮想通貨への大幅な資金流入の引き金となると信じている。

ビットコインスポットETFが仮想通貨市場に及ぼす潜在的な影響

グラスノードの共同創設者であるヤン・ハッペル氏とヤン・アレマン氏は、数兆ドルを自由に使える機関投資家がスポット市場BTC ETFの導入を心待ちにしていると予想している。

ハッペル氏とアレマン氏によると、ビットコインスポットETFの出現は前例のない形で金融情勢に革命をもたらしているという。彼らは、15兆ドルを超える資産を保有する企業がビットコインスポットETFの承認を積極的に求めており、そのようなETFに対する需要が高まっていることを強調している。

共同創設者らはまた、ビットコインETFスポットが規制当局の承認を得られれば、機関投資家の間で取り逃しに対する恐怖(FOMO)が強気相場を引き起こし、仮想通貨市場を新たな高みに押し上げる可能性があると示唆している。

ブルームバーグのアナリスト、エリック・バルチュナス氏は最近、金融大手ブラックロックがすでにiシェアーズ・ビットコイン・トラストとして知られる同社のBTC ETFに資金を提供していることを明らかにした。

ビットコインの価格動向に関して、ハッペル氏とアレマン氏は、ビットコインは現在、約35,000ドルのピークに達した後、冷却期間を迎えていると指摘している。今週は強気派が優勢だったが、BTCは安定して勢いを失い、価格は約34,000ドルまで下落したと彼らは述べている。

将来のETFの承認はさらなる利益につながる可能性があるが、共同創設者らは、こうした出来事が市場の動向により短期的な売りを引き起こす可能性があると警告している。

現在、ビットコインは34,076ドルで取引されている。

結論として、ビットコインスポットETFの承認の可能性は、多額の機関投資家を惹きつけて仮想通貨市場を再形成する力を持っています。グラスノードの共同創設者らは、こうしたETFに対する需要は相当なもので、数兆ドルが待機していると考えている。規制当局の承認が得られれば、機関投資家の間でチャンスを逃すことへの懸念が強気相場に火を付ける可能性がある。しかし共同創設者らは、ETFの承認後に短期的な売りが起こる可能性があると警告している。全体として、ビットコインスポットETFの導入は仮想通貨市場を新たな高みに押し上げる可能性を秘めています。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース