ニュース

February 14, 2024

ビットコインのマイルストーン: 時価総額1兆ドルと巨人を超える

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

取引量で最大の仮想通貨取引所バイナンスの新最高経営責任者リチャード・テン氏は、自身のツイッター/Xアカウントでビットコインが本日達成した重要なマイルストーンについてコメントした。ビットコインは5万1000ドルの水準を超えただけでなく、2021年以来初めて時価総額1兆ドルを回復した。テン氏はこれをビットコインにとって大きなマイルストーンだと述べた。

ビットコインのマイルストーン: 時価総額1兆ドルと巨人を超える

ビットコインが時価総額で巨人を上回る

オンチェーンデータアグリゲーターのグラスノードは、今回の上昇でビットコインがテスラやウォルマートなどの巨大企業、さらにはビットコイン評論家ウォーレン・バフェット氏やバークシャー・ハサウェイ氏のファンドさえも超えたと強調した。この成果により、世界最大の暗号通貨としてのビットコインの地位がさらに強固になります。

ビットコインの高騰は続く

ビットコインの上昇の勢いは今日も続き、スポットビットコインETFへの大量の流入に支えられている。昨日だけで6億ドル以上がこれらのETFに流入し、前日にはほぼ5億ドルが流入した。スカイブリッジ・キャピタルの創設者アンソニー・スカラムッチ氏は、ブラックロックのETF IBITへの大幅な流入が現在50億ドルを突破し、他のビットコインETFを大きく引き離しているとコメントした。

バイナンスの創設者が法的トラブルに直面

他のニュースとしては、バイナンスの著名な創設者で元最高経営責任者であるチャオ・チャンペン氏(CZ)が、米国司法省(DOJ)から起こされた容疑で実刑判決を受ける可能性があるという。懲役10年の可能性は低いと思われるが、CZは主に銀行秘密法違反の罪で18か月を言い渡される可能性がある。 CZ氏はすでに司法省に対して有罪を認めており、バイナンスは43億ドルの罰金を支払い、CZ氏は同社での役職を辞任した。

CZ 氏は、より多くの時間を自分自身に充て、若い新興企業との厳選されたコンサルティングに従事する予定です。同氏はまた、バイオテクノロジー研究への暗号通貨による資金提供の拡大にも関心を示している。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース