ニュース

February 13, 2024

ビットコインのボラティリティと将来: 最近の急騰と懐疑論を考察する

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

ビットコインの最近の5万ドルの水準を超えた高騰は、市場に強気の感情を引き起こした。ただし、誰もが同じ楽観主義を共有しているわけではありません。ビットコインの著名な批評家であるピーター・シフ氏は、最近の価格変動を「ポンプ・アンド・ダンプ」スキームと呼んでいる。

ビットコインのボラティリティと将来: 最近の急騰と懐疑論を考察する

ビットコインのボラティリティを調べる

ビットコインのボラティリティはトレーダーにとって懸念事項となっている。デジタル資産は過去 10 年間で大幅な成長を遂げましたが、劇的な価格変動にも直面しました。このため、市場の健全性や市場操作の可能性を疑問視する人もいます。

異なる視点

批判にもかかわらず、ビットコインの支持者は、その長期的な上昇軌道が金のような伝統的な資産とは一線を画していると主張している。彼らはビットコインを、リスクは高いものの、儲かる投資だと考えています。

ビットコインの現在の軌跡

価格チャートを分析すると、ビットコインは最近48,000ドルの抵抗線を突破しており、強気の見通しを示しています。次の大きな抵抗線は52,000ドルの範囲付近と予想されます。ビットコインが勢​​いを維持し、このハードルを超えれば、現在の上昇はさらに拡大する可能性がある。

反発の可能性

ただし、反落の可能性は常にあります。ビットコインが下落した場合、44,000ドル付近のサポートレベルが重要となる。このレベルを上回って維持することは、再び上昇する前に健全な値固めを示す可能性があります。一方で、このサポートを下回るとシフ氏の主張が正当化され、より広範な下落を引き起こす可能性がある。

ビットコイン対ゴールド

ピーター・シフ氏は一貫して、投資家に金を安定した価値の保存手段である金に投資するようアドバイスしてきた。しかし、ビットコインは、特に最近のインフレ傾向を背景に、金を上回る新時代の投資として台頭してきました。ビットコインはより高いリターンを提供しますが、より高いリスクとボラティリティも伴います。

ビットコインの未来

市場が最近のETF上場とそれを取り巻く誇大宣伝を吸収する中、ビットコインの本当の試練は5万ドルのマークを超えた後のパフォーマンスにある。ビットコインは成長を維持できるのか、それともシフ氏の「大虐殺」の予言は現実になるのか?時間だけが教えてくれます。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース