ニュース

November 1, 2023

サム・バンクマン・フリードの裁判: 仮想通貨業界への影響

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

10月に行われたサム・バンクマン・フリード氏(SBF)の裁判は、仮想通貨業界内で議論と憶測を引き起こした。業界関係者は現在、結審した裁判の影響を分析している。

サム・バンクマン・フリードの裁判: 仮想通貨業界への影響

SBFの行為と暗号

XRPを支持する著名な弁護士であるジョン・ディートン氏は、SBFの行為は「仮想通貨とは何の関係もない」との意見を表明した。この声明は、強気の軌道を描いているSOLの業績に関するスコット・メルカー氏の投稿に応えて行われた。

FTXデリバティブ取引所の崩壊前、11月6日のソラナの価格は約36ドルでした。しかし、崩壊により大幅な下落が生じ、コインは2022年12月30日に9.65ドルの安値に達しました。

この挫折にもかかわらず、ソラナは回復を続けています。継続的な開発努力と、Saga と呼ばれる携帯電話の発売により、Solana の価値は着実に増加しています。現在、ソラナは40.98ドルで取引されており、FTX崩壊前のレベルを超えています。

ジョン・ディートン氏は、SBFの影響は現在では無関係であるというスコット・メルカー氏の声明に同意する。ディートン氏は、SBFはテクノロジーに対する真の信念ではなく、パワープレイのために暗号通貨に関与していたと考えている。

SBF の次は何でしょうか?

裁判が終わった今、事件は陪審の手に委ねられています。アラメダ・リサーチの元最高経営責任者キャロライン・エリソン氏、FTX共同創設者のゲイリー・ワン氏、エンジニアのニシャド・シン氏を含む検察チームが提出した証人らは、バンクマン・フリードの影響下で犯した犯罪を認めた。

SBFは自身を弁護するため、かつての同盟者たちに責任を転嫁しようとした。 SBFの行為に対して声高に反対してきたジョン・ディートン氏は、弁護戦略は完全な無罪を求めることではなく、少なくとも1人の陪審員を説得してSBFの刑期を約10年に大幅に短縮することだと信じている。

結論として、サム・バンクマン・フリードの裁判は、業界内部関係者の行為と仮想通貨業界への影響について重要な疑問を投げかけた。裁判の結果は業界の将来と主要企業の認識に重大な影響を与えるだろう。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース