ニュース

October 31, 2023

アラメダ研究の失敗: 仮想通貨業界における責任ある金融慣行の教訓

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherNikos PapadopoulosResearcher

仮想通貨取引所FTXの名誉を傷つけられた創設者サム・バンクマン・フリード氏は最近、アラメダ・リサーチが資産のヘッジに失敗したことについて法廷で証言した。法廷記録によると、バンクマン・フリードは、2022年6月の時点でアラメダの資産がヘッジされていなかったことを明らかにしたが、これは同時に価値が400億ドルから100億ドルに大幅に下落したことを示している。

アラメダ研究の失敗: 仮想通貨業界における責任ある金融慣行の教訓

バンクマン・フリード氏は当時20億ドルのヘッジを提案したが、元アラメダCEOのキャロライン・エリソン氏と元FTXプロダクトリードのラムニク・アローラ氏によってこの計画は実行されなかった。

バンクマン・フリード氏は証言の中で、アラメダ社はすでに破産しているという確信を表明したエリソン氏との出会いについても言及した。この暴露により、バンクマン・フリードが直面している顧客資金の不正処理と投資家への詐欺の疑惑がさらに強まる。

元同僚たちのひどい証言に応えて、バンクマン・フリードは法廷で証言することを決意した。元恋人でもあるエリソン氏は、バンクマン・フリード氏が彼女に詐欺行為をするよう指示し、アラメダ氏が2020年から2022年にかけてFTXの顧客資金約140億ドル相当を不正に扱ったと証言した。

有罪判決が下されれば、バンクマン・フリード氏は重大な懲役刑に処される可能性がある。この訴訟は、仮想通貨業界における顧客資金の透明性と責任ある取り扱いの重要性を浮き彫りにしています。

キーポイント:

  • FTXと関連するアラメダ・リサーチは、資産価値が300億ドル下落したため、資産をヘッジしなかった。
  • サム・バンクマン・フリード氏は20億ドルのヘッジを提案したが、元アラメダCEOのキャロライン・エリソン氏と元FTXプロダクトリードのラムニク・アローラ氏は実行しなかった。
  • バンクマン・フリード氏はエリソン氏から連絡を受け、エリソン氏はアラメダ社はすでに破産しているとの考えを表明した。
  • バンクマン・フリード氏は、数十億ドル相当の顧客資金を不正に取り扱い、投資家をだまし取った疑いで告発されている。
  • バンクマン・フリード氏の元同僚らが彼に不利な証言をしたため、彼は法廷で証言することを決意した。
  • 有罪判決が下されれば、バンクマン・フリード氏は重大な懲役刑に処される可能性がある。

取り除く:

サム・バンクマン・フリード氏の証言は、アラメダ・リサーチが資産のヘッジに失敗し、価値の大幅な損失につながったことに光を当てている。この事件は、仮想通貨業界における責任ある財務慣行と透明性の重要性を思い出させるものとなっています。投資家は、リスクの高い投資に取り組む前に、注意を払い、徹底的なデューデリジェンスを実施する必要があります。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加
2024-02-16

シバリウム: コミュニティの繁栄、目覚ましい成長、SHIB 燃焼率の増加

ニュース